2011年6月5日日曜日

ペチコートワンピを作る。

パターンを引きます。


FC◎ワサというのは、前中心で生地を輪にして裁つ、と言う意味。
脇の印は合印といって、裁断時そこに切込みを入れて
前後の切り込み同士を合わせながら縫うとずれないのです。











縫い代分を含み、パターンをカットします。











必要な情報を書き込み、
(この時、脇の縫い代をどちらに倒すか、また折り伏せ縫い、袋縫い、ロック始末等…
仕様を決めます。それによって縫い代の幅が変わってきますし、
縫う順番も重要になってきます。
もっと複雑ななデザインになると、これを考えるのが大変!)











工業パターンが完成。
これを生地の上において、型紙どおり裁断します。





















肩、脇、と前後を縫い合わせロックミシンをかけ(すみません、端折ります)
いよいよネック、アーム周りのパイピング。
一度中縫いをしてアイロンがけし、ひっくり返して指で折り込みながら
端から0.1cmのところにステッチをかけます。












出来上がり。その後、製品洗いをかけます。











今回は、透け透けタイパンツやレースのワンピがあり、
お買い上げいただいた方にはペチコートワンピやパンツをお付けしています。
インナーとはいえ、ついついデザインしてしまいます。これは、アームのみシルバーの
パイピングにしました。

2 件のコメント:

  1. おやこバッタ2011年6月5日 21:30

    みえないおしゃれも大切だもんね!シルバーのパイピング…キュンっと来ますね。

    返信削除
  2. コメントありがとう!ペチコートだけど、一枚でワンピースとしても活用して欲しいなと思って。。。
    ご注文のスカート、しばしお待ちを!

    返信削除